|吹田市江坂でボイストレーニングをお探しなら口コミで人気のSPSミュージックスクールへ

コンタクトフォーム

ブログ

ボイストレーニング|体験レッスン|吹田市|江坂|大阪|吹田市江坂でボイストレーニングをお探しなら口コミで人気のSPSミュージックスクールへ

2020/06/24

ボイストレーニングの体験レッスンを江坂教室で行いました。体験者さんはアニソンが好きな専門学校に通う男子学生さん。

ボイストレーニングを受けることで高い声を綺麗に出せるようになりたい、歌声に抑揚をつけれるようになりたいと体験レッスンのお申し込みを頂きました。

最初に体験者さんの歌声がどのような状態なのかを判断するために1コーラス歌って頂きます。講師はこの時に体験者さんの歌の音程やリズムはもちろん、呼吸、姿勢、筋肉の動きなど様々なところをチェックしています。「歌が苦手なのにひと前で歌うのは恥ずかしい」とおっしゃる方もおられますが、改善点を洗い出すためにも普段通り歌って頂けたほうが上達につながってきます。

歌って頂いたところ、大きな点として声を出しきれていない、ピッチが甘い事がわかりました。それらが原因で発声のぎこちなさや全体的な音程の不安定さに繋がっていました。

ではそれを踏まえてボイストレーニングを始めていきましょう!

最初にピアノの音に合わせてロングトーンのレッスンをしていきます。音がぶれずに長く同じ声量で発声するのには基礎が大切となりますので正しい姿勢で腹式呼吸を意識し、喉も開いていないとしっかりとしたロングトーンは出せません。声がこもっているのでまずは地声をしっかり出すことに慣れてもらいました。呼吸を意識し声が前に通るように発声します。

体験者さんの声の中でも特にこもってしまう母音の「あ」から始めていきますね。声の響きを前に出す練習です。低い音から「あ」で出来るだけ同じ音程で長く声を出すことをキープしましょう。そして出来る範囲で半音ずつ音程を上げてロングトーンを続けていきます。喉の周りの筋肉も使うので普段出し慣れていない人は結構きつく感じるかもしれませんね。息が弱くなったり強くなったりならないように意識しながら最初から最後まで一定を保ちます。

次のボイストレーニングは「あ」を「ドレミレド」の3音階を使って発声していきます。ピアノに合わせて音程を正確に発声していきましょう。聴こえるピアノの音と自分の発声した音が同じになるように一つ一つ音階を身につけていく練習をします。「あ」が出来たら次にこもり気味だった「え」「お」でも同じようにロングトーンと音階の発声練習を続けていきますよ。生徒さんは高い声を出したいとのご希望でしたが綺麗な高い声を出すには何より基礎が重要で、通る声で音程を崩さずにしっかりとした声量で歌えるようになるということが大切です。

発声の後はリズムのトレーニングです。正確な音程で歌えてもリズムがずれていたらうまく聞こえませんのでリズムはとても重要です。音楽の三代要素にもリズムは入っていますね。

このように体験は進んでいき、最後に抑揚や表現力を上げるためのレッスンも行いました。

高い声を出すにも抑揚をつけるにもボイストレーニングが重要になってきます。プロにご自身の歌声を聴いてもらうと意外な弱点や長所なども判明するのでどういった部分を修正したり強化したりする必要があるのかや、気づいていなかった自分の個性を知ることが出来ますのでボイストレーニングはとてもお勧めです。

吹田市や江坂でボイストレーニングをお探しの方は、SPSミュージックスクール江坂教室の体験レッスンをぜひご受講ください。


 

SPSミュージックスクールではボイストレーニングの体験レッスンを行っています。
ご自宅、カラオケ、その他での出張レッスンはもちろん、大阪では江坂と心斎橋に、神戸では六甲道で“音楽スタジオと提携したお得なレッスン”も行っていますので、ぜひ体験レッスンにお申込みください。
体験前の「ちょっと聞いてみたい」という些細なご質問もお気軽にお問い合わせください。
体験申込・問合せフォームはこちら→“コンタクトフォーム”
お電話でのお問い合わせはこちら→“06‐6586‐9943”

※新型コロナウイルスのため、まだレッスンを受けるのは早いかな?という方のご質問やご相談も承っていますので、お気軽にお問い合わせください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。