ボイストレーニングって初心者でも大丈夫?にお答えします|

コンタクトフォーム

ブログ

ボイストレーニングって初心者でも大丈夫?にお答えします|吹田市江坂でボイストレーニングをお探しなら口コミで人気のSPSミュージックスクールへ

2020/06/16

“前回のブログ”ではボイストレーニングは決して特別な習い事ではない理由をお伝えしました。

ボイストレーニングのレッスンにお問い合わせ頂くなかでよくお聞きするのが「ボイストレーニングを受けるのってプロを目指してたり、歌の上手い人ばかりじゃないの!?音痴な私が行ったら場違いにならないかな・・・」や、「カラオケに行くと上手いねと言ってもらえるのでもっと上手くなりたいし個性を出してみたいけど、ボイストレーニングしたら皆同じ歌い方になってしまわないの?」という不安や心配のお声です。
このブログをご覧下さっている方の中にもこう思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今回のブログでは<ボイストレーニングは歌の上手い人が習うもの?>と<ボイストレーニングを受けると個性が無くなってしまうの?>の二点についてお答えしますね。

いわゆる音痴といわれる人のタイプは大きく分けて2つのタイプがあります(中には2つのタイプが混じった人もいます)。
●運動性音痴【歌を正確に歌うとことが出来ない】
このタイプは音痴を自覚している人ですね。自分で音程が外れていることやリズムが合っていないことが分かっているのに正しく合わせられないタイプです。自覚しているだけに歌えば歌うほど焦りや恥ずかしさから人前で歌えなくなってしまいます。カラオケでマイクを勧められても頑なに拒絶すれば場をしらけさせてしまいます。ならばと無理して歌ってもズレていることが自分でも分かるので皆の視線が気になったり、音程を合わそうとすればするほどどんどんおかしくなって歌うことが苦手になり、最悪カラオケや二次会恐怖症なんてことにも。
●感覚性音痴【音を聴き取ることが上手く出来ない】
音程のズレやリズムなどの音を聴き取る力そのものが弱く、ズレている時と合っている時の違いがわからないタイプです。本人は気持ち良く歌っているけれどどんどん歌がズレていって周りがざわざわしちゃったり。自分では音がズレていると自覚したことがないためカラオケでも率先して楽しく歌っていたのにある日人から音痴と言われてショックを受けてしまったという方はこの部類に入ります。


音痴というのは要は音程やリズムを正確に合わせたり認識することが出来ていない方のことを言います。音痴は直らない。そう諦めていませんか?そんなことはありません。直らないのは自分だけで何とかしようとしていたからです。
正確な音程を発声しようと「あー♪あー♪あー♪…これは合ってる?ズレてる?どっち!?」色んな音程を探してみるけれど正確な音を出せなかったり、音程が外れているかどうかも分からない。「このまま一生音痴のままなのかな…。」
いいえ!出来なくて当然なんですよ。音程の外れやリズムのズレは自分ではなかなか修正できないものです。
運動性音痴を改善するには目標とする正しい音程と自分が出している音程が違っていることを認識することから始め、自分の声と実際の音程との差を修正していき本来の音を出せるよう練習します。出したい音を出せるようになるには平行して喉の筋肉を鍛えたり呼吸のしかたの訓練も不可欠ですので恥ずかしがらないで自分の歌を聴いてもらい適切な音程や発声の認識のトレーニングを受ければ必ず改善できます。正しい音程を認識すること、自分が発声した声の音程との差、発声方法や呼吸のしかたなど客観的に正しく修正していくことで音痴を克服出来ます。
感覚性音痴の方は自分で音やリズムがズレていることが分からないので、まずは合っている時とズレている時の違いを認識する事からはじめます。そしてどう声を出せばどの音になるのかや正確なリズムを時間をかけて体に覚えさせることが重要です。
ボイストレーニングは発声や歌に関わる筋力、神経、感覚をトレーニングしていきます。ですのでプロや初心者関係なく誰もが今より確実に上達します。例えば40キロのベンチプレスを持ち上げるのが今の限界だったとしてもトレーニングを重ねれば60キロを持ち上げられるようになりますよね。歌も同じで現時点では高い声が出なかったり音程が合わないとしてもトレーニングによって出来るようになります。
ですのでボイストレーニングは歌の上手い人だけのものではありません。歌うのが苦手な方は〈なぜ苦手なのか、上手く歌えないのか〉一人ひとり違った理由があります。その理由を突き止め自分に合った練習方法で克服していくことこそがボイストレーニングです。


もう一点、ボイストレーニングを受けると個性がなくなって皆同じ発声や歌い方になってしまうので習わない方が良いという考え方です。
これは勘違いだということは想像してみると簡単に分かるのではないでしょうか?プロのアーティストでも当然ボイストレーニングをしています。あなたの好きな歌手やバンドのボーカルは全員同じ歌い方をしていますか?歌番組に出ているアーティストは全員同じ歌い方をしていますか?個性がないですか?もしボイストレーニングを受けると皆同じ歌い方になるなら今頃は似かよったアーティストだらけになっていますね。もうお分かりですよね。
ボイストレーニングというものは基本的にその人の発声の状態や性格、体格に合わせて講師がトレーニングメニューを組み立てていくことがほとんどです。当然タイプが似ているなどあったとしても全く同じ声質や性格を持っている人は存在しないので、それぞれその人の良さを引き出しながら声や体の使い方をトレーニングすることでより素晴らしい歌声となるわけです。
音楽に「こうしなくてはいけない」という絶対的なお手本というものは存在しませんし、基本的な考え方があったとしても一人ひとりに合わせて調整が必要です。逆に万人に通用する絶対的なお手本がないからこそ“前回のブログ”で紹介したように独学でマスターするのが難しいと言えます。講師によるボイストレーニングはあなたが目指す理想に近づくためのトレーニングを行いその過程で無駄な力が入っていたり良くない癖がついている場合は取り除くように導いていきますし、発声的には良くないとされている喉声や叫ぶような声もジャンルや表現においてはあえて個性として活かしていくことだってあります。


前回もお話ししましたが、客観的に自分の発声状態や歌を判断するということは非常に難しく、プロアーティストやボイストレーナーでさえこの客観視が難しいためにボイストレーニングを受けています。独学でトレーニングをしていくうちに良くない発声や歌の癖がついてしまうことがよくあります。そして一度その癖がついてしまうと修正するのにまた大変な時間と根気が必要になってしまうので、しっかりと講師の元で客観的に診断してもらいトレーニングをすることをお勧めします。
講師の元で習った方が圧倒的に上達が早いことも大きな利点となります。
シンプルに上達や理想への到達が早く、目に見えて上手くなっていくことで向上心もアップし自信もつき楽しんでトレーニング出来ます。
とはいえ自主トレーニングや自分で調べたり考えたりすることはとても大切なことです。そこに講師がいればそれらの答え合わせがすぐにできます。間違えたトレーニングをしていれば修正し客観的なアドバイスももらえ自分の理想に向けて導いてもらえます。正しい練習法で進めることで自主トレーニングの効率も良くなるというわけですね。


誰かに歌を聴かれることや講師から習うことに抵抗があるかもしれません。
しかし信頼出来るボイストレーニング講師との出会いは家族や友人とはまた違う特別な信頼関係を築く事となり心を許すとともに、声や歌には驚くほどその人の性格や個性、感性が表れ自分らしさが出てきます。歌うことで自分の内面を表現するような気持ちにもなり一層信頼や絆が生まれます。
歌で自分を表現することの楽しさ、解放感を実感してみましょう。そのためにもまずはボイストレーニングの体験レッスンを受けてみるのがおすすめです。

 

 



SPSミュージックスクールではボイストレーニングの体験レッスンを行っています。
ご自宅、カラオケ、その他での出張レッスンはもちろん、大阪では江坂と心斎橋に、神戸では六甲道で“音楽スタジオと提携したお得なレッスン”も行っていますので、ぜひ体験レッスンにお申込みください。
体験前の「ちょっと聞いてみたい」という些細なご質問もお気軽にお問い合わせください。
体験申込・問合せフォームはこちら→“コンタクトフォーム”
お電話でのお問い合わせはこちら→“06‐6586‐9943”

※新型コロナウイルスのため、まだレッスンを受けるのは早いかな?という方のご質問やご相談も承っていますので、お気軽にお問い合わせください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。